顧客をレベル分けするテクニック【OATHの法則】

こんにちは、Gakuです。

 

「ターゲットに沿って文章を書いているつもりだけど、商品が売れない」

こんな悩みを解決します。

 

OATHの法則とは

OATHの法則とは、あなたの商品に対する意識のレベルを4段階で表したものになります。4段階は以下になります。

 

  • Oblivious(無知な人)
  • Apathetic(無関心な人)
  • Thinking(関心のある人)
  • Hurting(悩んでいる人)

 

マーケティングやコピーライティングでは、ターゲット(見込み客)の設定は基本になっています。なぜなら、ターゲットを設定しておかないと、何を訴求するべきなのかが曖昧になり、軸がブレブレになるからです。

 

例えば、脱毛サロンに関する記事を作成するとして、無知・無関心な人に「今なら無料で脱毛体験ができます」と訴求したところで、無料体験すら来てくれません。

 

無知・無関心の人になぜ脱毛が必要なのかという点から訴求する必要があります。

 

問題意識がどのレベルにあるかで刺さる文章、刺さらない文章が変化するので、4段階を1つずつ解説していきますね。

 

顧客をレベル分けするテクニック【OATHの法則】

f:id:kigyoblog:20210220114830j:plain


 

Oblivious(無知な人)

この段階の顧客は、自分の問題に気づいていないという段階です。

 

この段階の人に販売しようとすると、まずは問題に気づかせる必要がありますが、かなりの労力と時間がかかります。

 

問題に気づかせることができれば、関心のある人に転換する可能性があります。

 

Apathetic(無関心な人)

この段階の顧客は、自分の問題に気づいているけど、積極的に解決しようとする意思がないという段階です。

 

この段階の人には、問題をこのまま放置するとどんなことが起こるのかを具体的に示してあげてください。

 

問題の重要性が理解できれば、購入に繋がりやすくなります。

 

Thinking(関心のある人)

この段階の顧客は、問題や悩みについて考えているという段階です。

 

解決するためにはどうしたらいいのかを考えているので、

  1. あなたの商品にはどんなメリットがあるのか?
  2. 他の商品との優位性はどこにあるのか?

 

この2点について説明してあげてください。

 

Hurting(困っている人)

今すぐにでも問題を解決したいと思っている段階です。

 

期間限定・返金保証・無料体験などをつけて安心してもらい、その上で今すぐ購入すべき理由を伝えることで、他の3段階よりも簡単に商品の購入につながります。

 

 

以上になります。
マーケティングはついつい商品目線になってしまいがちですが、お客さん目線になることが非常に重要です。

 

OATHの法則を頭に入れて、お客さんに響くセールスを今すぐ考えていきましょう。アウトプットしなければ、ただの知識で終わってしまいます。

 

では今回はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。